[PR] 賃貸住宅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

(6) 326-331

326 名前:名無し募集中。。。[sage] 投稿日:2008/06/11(水) 19:42:16.28 0
「なぁ、ガキさん。ハワイって行った事ある?」
夏休みも直前に迫った放課後。
いつものように愛斗の部屋でくつろいでいると愛斗が突然聞いてきた。
「あるけど?なにぃ?突然」
「いやぁ…やっぱ新婚旅行はハワイがいいかなって」
「ちょっ!気ぃ早くな~い?」
「いやっ、俺は今すぐにでも…」
「じゃあ愛斗が海で泳げるようになったらね」
「うっ…」
愛斗は痛い所をつかれたと一瞬俯いたかと思うと笑顔で顔を上げ、目を輝かせて言った。
「じゃあ、練習のためにも夏休み一緒にプール行こっ」
「海じゃなくて?」
「ま…まずはプールから…」
「あははっ。いーよぉー」

家に帰った里沙は後悔していた。
少し顔を赤らめた愛斗がかわいくて、何も考えずに返事をしちゃったけど、

「水着どーしよ…」


327 名前:名無し募集中。。。[sage] 投稿日:2008/06/11(水) 19:42:31.26 0
次の日の昼休み。
「ねぇ、カメ、さゆ」
ノノ*^ー^)从*・ 。.・)『なんですかー?』
「もしも、もしもだよ?彼氏とプール行くならどんな水着着て行く?」
从*・ 。.・)『あっ、新垣さん愛斗先輩とプール行くんですか?』
「ちがっ…」
ノノ*^ー^)从*・ 。.・)『……』
「わないけど…」
ノノ*^ー^)『あぁー。やっぱりそうなんですね?』
从*・ 。.・)『じゃあ今日の帰りにでも見に行きましょーよ。さゆみ達がかっわいいの選んであげますよ』
「ほんとに?」
ノノ*^ー^)从*・ 。.・)『はいっ』
「わかった。じゃあ今日の放課後ね」


ノノ*^ー^)『ガキさんは元気なイメージがあるから黄色ですよ?』
从*・ 。.・)『彼氏と行くならビキニがいいと思うの』
ってな事で選んでもらった水着は黄色のビキニ。


328 名前:名無し募集中。。。[sage] 投稿日:2008/06/11(水) 19:42:48.68 0
終業式の日。
愛斗と里沙は成績表を見せ合いながら楽しく下校していた。
日も暮れ、里沙の家の前に着いた時愛斗が言った。
「そーいやガキさん、プール行く約束覚えてる?」
「うん。いつ行くの?」
「えっ!?もちろん、俺が海で泳げるようになるまで毎日って約束やん」
「そんな約束してませんけど~」
「だって毎日会いたいし」
「別に毎日プール行かなくたっていいじゃん。遊園地とかも行きたいしさ」
「だってプールの方が…」
「なに?」
「…いや」
「もぉー。取り敢えず1回目はいつ行くよ?」
「明日っ」
「わかった。明日ね」
「うん。じゃあ明日ガキさんちに迎えに来るから」
「はぁーい。じゃあまた明日ね」
里沙はドキドキしながら明日の準備を済ませベッドに入った。

329 名前:名無し募集中。。。[sage] 投稿日:2008/06/11(水) 19:43:34.32 0
次の日。
ピンポーン。
「あっ、愛斗かな?」
里沙は準備を整えて玄関を出た。
「お待たせ」
「よしっ、行くかっ!」
プールまでの道のりを愛斗と共に歩く。
「なぁガキさん。今日どんな水着着んの?」
「えぇ~。秘密かな~」
「それは期待してていいってこと?」
「なんかそー言われると…」
「じゃ、すっごい期待しとく」
「バカ」



330 名前:名無し募集中。。。[sage] 投稿日:2008/06/11(水) 19:44:14.58 0
プールに着いて待ち合わせ場所を決めた後、明らかにウキウキして今にも転んでしまいそうな
愛斗の後姿を見ながら里沙も着替えに行く。
「あぁー…恥ずかしいなぁ…」
黄色のビキニに着替えた里沙は待ち合わせ場所できょろきょろ周りを見てる愛斗が目に入り、
笑ってしまう。
そして愛斗と目が合った瞬間、
「ガぁキさーん」
と両手で手を振られた。
「ちょっとっ」
水着よりこっちの方が恥ずかしいよと思いながら、愛斗に駆け寄った。
「そんな大きい声で呼ばないでよ」
「だって…。そんなことよりガキさん」
「なに?」
「やっばい。めっちゃかわいい」
「本当に?ありがとう」
里沙はテレながら言った。
「テレてるガキさんも更にかわいい」
「…もうわかったから早く行こうよ」
嬉しさより恥ずかしさが勝ってしまった里沙は、愛斗の手を引っ張って
泳ぐ練習ができそうなプールへ向かった。
「ちょっ、ガキさんどこ行くん?一緒にウォータースライダー行こ」
「なんでよ。泳ぐ練習しに来たんでしょ?」
「俺、足がつくってわかったら全然泳げるから」
「えっ!?じゃープールじゃ意味ないんじゃん」
「へへへ。ごめん。だからウォータースライダー行こ」
「コラー」


331 名前:名無し募集中。。。[sage] 投稿日:2008/06/11(水) 19:44:30.51 0
愛斗は里沙の手を引っ張りウォータースライダーの列に並ぶ。
里沙も順番が近づくと怒りよりも、ウォータースライダーが怖い様で
愛斗の腕に少しすねた表情で抱きついていた。
「なぁ、ガキさん。俺やっぱ毎日来たい」
「泳げるんだったら来なくていいじゃん」
「だってこんなかわいいガキさん毎日見たいもん」
「褒めたって許さないもーん」
と言いつつ嬉しそうな顔をしているのが愛斗にでもわかった。
愛斗は里沙のおでこにキスをし、真っ赤になっている耳元で囁いた。
「俺の為にわざわざ新しい水着買いに行ってくれたんやろ?すごい似合ってるよ」
「………えぇーっ!!なんで知ってんの!?」
里沙は慌てて愛斗の顔を見る。
「亀井さんと道重さんが言ってた」

ノノ*^ー^)从*・ 。.・)『ウヘヘなの』

「はぁ……」
里沙は大きくため息をついた。
「えっ!?俺はすっげー嬉しかったよ?」
「……」
怒って少し尖った唇に愛斗はキスをした。
「…バカ」
そういって今度は里沙から愛斗にキスをした。


ノノ*^ー^)『ラブラブしてますよ?』
从*・ 。.・)『こんな所で…なの』
ノノ*^ー^)『明日ガキさん誘って遊びます?』
从*・ 。.・)『多分明日は誘っても来ないと思うの』


スポンサーサイト

| 愛斗×ガキさん | 21:18 │Comment- | Trackback-│編集

| main |

説明

イケメン・タカスレの小説まとめです
てけとーです
職人さま方に感謝!

メールフォーム

name:
message:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。