[PR] 賃貸住宅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

(6) 150-158

150 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/06/09(月) 06:02:13.44 0

「ホントに、しなきゃダメですか?
 オレ…こんなの初めてだし…上手くできないよぉ…」

おいおいぼっちゃん、そんな目で見るお前がわるいんだYO
何目じりに涙溜めてんだ!?

くっそーいちいちツボだ!

「誰にでも初めてはある。恥ずかしがるなよ。さぁ…」

震える肩に手を伸ばしかけた、その時、乱暴にドアが開かれた

「はい、よっちゃん付き添いありがとう。帰っていいから。」

そう言われて伸びてきた手に愛斗を奪われると
ぴしゃりとドアを閉められた。
俺と愛斗を引き離した憎い扉には、この集団の名前が刻まれている。

【演劇部】

ふっ…愛斗。
せいぜい背後には気をつけることだ。
あ、そういう意味じゃないぞ



151 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/06/09(月) 06:02:36.99 0

「どうしても一人部員が足りない。」
演劇部副部長藤本美貴にそう言われて、断るに断れなかった人探し。
まぁ、俺のケータイメモリーにはハニーたち目白押しよ?
でも、一人だけ贔屓するみたいだしな…
そう思ってた俺の目の前を通ったのが、天然女泣かせの高橋愛斗。

足りない役って、男のフリをする姫さんだろ?
なら逆に演じる方が姫さんのフリする男でも良いじゃん。
なんとなしに美貴に提案したら、
部長のまつーらあややでーすも賛成してくれた。

で、さっきのブツの引渡し。良かった、一仕事おーえぴっ。
ふるふるFUNタでも飲もうと思ってたらまた厄介なのが現れた
「よしざーさん!愛斗をどこにやったんですか!?」

キタキタ。高橋里沙じゃなく新垣里沙。
ちょっと俺がこないだカレピのお尻を触ったの見たばかりに
俺と愛斗がつるむ度にこうやっておいでます。
俺だって遊びと本気は分けてるよ?遊びじゃキスしない。

「あーガキさん、愛斗の奴な、ちょっとだけ演劇部に貸してやってくれ。」
「えんげきぶぅぅぅぅ!?」
でた伝家の宝刀。相変わらず良いリアクションしてるよね。
ガキさんのそういうとこ伸ばしていこう!


152 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/06/09(月) 06:03:08.09 0

「そういうことなら…そもそも、私だけのものじゃ、ないですし…」
先ほどとは一転なんだか顔を真っ赤にしてしおらしいガキさん。
なんだー照れてんのか?そうだな、じゃあ今日は寂しい者同士肌を温め…

ばこん!がっ!
二つの衝撃。ダブルインパクト。
一つは見慣れたミキティの鞄。投げたな、あいつ。
もう一つは鞄でよろけてガキさんに抱きつきかけた俺を突き飛ばした、こいつ。

「よしざーさんふざけ過ぎやぁ!!」
ちっちゃな闘犬がこれまたちっちゃな姫君を守るために呻っている。
おうおう、萌えるね、この図。

それから始まった、美貴の説教を右に左に切り刻みながら
二人の会話をこっそり観賞。

「ガキさん、大丈夫やったー?」
「愛斗!むしろ、こっちが心配してたんだから」
「え?なんで?」

俺のアピールはまだ愛斗に届いてないらしい。しめしめ

「んん、もういいよ。それより愛斗、演劇部の助っ人、ホントにするの?」
(アンタ、舞台とか大丈夫なの?噛み噛みなのに…)
俺には見えるぞ、ガキさんの本心。


153 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/06/09(月) 06:03:33.30 0

「なんていうんだろ…ずっと女装してなあかんくってな
 …オレそこはちょっと、アレなんやけど」
「ガキさーん、愛斗超演技上手いよ」
「え!?そうなの、愛斗?」
二人の会話に割り込む美貴。スゴイな。あのラブラブの中に入れるなんて。
あれ?今ミキティさん、俺のこと怒ってたんじゃないの?

「なんかーホントなんていうんだろう!すんげー楽しくってさ!」

身振り手振り、言葉の数ほど伝わらない内容を一生懸命彼女に伝える愛斗くん。
そんな愛斗を菩薩のような微笑で時につっこみ、時に頷く里沙ちゃん。


「でもさ、なんての…ガキさんいやじゃね?
 彼氏が…文化祭で女装するなんて…オレ目立っちゃうし…」

タッハー、愛斗くん。キミ息するだけで目立つから。
鏡見なさい。いつか攫われます。襲います。
しかもどんだけガキさん好きなんだ!このバカっ!

「ううん、やじゃないよ。どんな愛斗だってカッコいいし…
 愛斗がしたいって思うことなら真正面から、アタシ応援するよ」

奥さん!言い切りましたよ!
もう全吉澤が泣いたね!
行けよもう行っちまえよ!どこでも良いよ、早く行け!


154 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/06/09(月) 06:03:53.00 0

そう念じてたら、突然ミキティが俺の首を掴まえて校舎に戻り始めた。
な、なんだよ、俺がどっかに行けってか!?

なんか悔しくてキャワップルの方を向きなおした。
そんで、まだ残るーって言いかけた口を慌ててチャック

「…オイ、美貴離せ」
「やーよ。よっちゃんまたあの子達の邪魔するでしょ?」
「いや、自分で校舎戻るよ。歩きにくいから、な」

戻れるかよ。
いくらもうみんな帰った夕暮れの放課後とは言え、
大胆にも二人の影が一つになってるのを見たら、
戻れないだろ。


なんという絶景…
二人ともどうしようもなく絵になってる…

くっそー。
キスまでとは言え、なかなか大胆だぞ、高橋愛斗!



155 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/06/09(月) 06:04:12.27 0

文化祭に向け、愛斗は頑張って練習した。
もともと真面目に服着せて脱がしたら愛斗だったような男だからな。
演じる喜びを肌で感じたらしくて廊下での盗み聞きが毎回楽しみになった。

まさか助っ人に主役張らせるとは思わなかったが、
愛斗の登場に脚本家が興奮して台本書き換えたらしい。

そして俺は寂しいガキさんのお相手もして…
や、毎時間写メールで愛斗に居場所報告しないといけなかったんだけど
練習で見れないくせにな。お前はカイヤか、愛斗。


そんなこんなあって、遂に本番。

出てきちゃったのは応援団長じゃなかったね。モノホンの姫さまだったよ。
写メ禁止、そのお達しも忘れて撮ってしまう程、
姫愛斗は綺麗だった。

演技だってそうさ。
最初は噛むぞ噛むぞって楽しみにしてたのに
迫真の演技に、いつの間にか、皆、舞台に集中してた。



156 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/06/09(月) 06:05:36.00 0


物語もクライマックス…いよいよ問題のシーン。

王女サッファイアを王子のキッスで目覚めさせるシーンだ!
ガキさんの心中穏やかじゃないだろう!これで二人がこじれたらどうしようか。
心配だか、それはそれで俺嬉しい。
う、嘘だから!2人を応援してるから!

―倒れ込む姫を抱え込み口付けをする王子―

もちろん唇はついてないんだろうが、
観客一同、これでもかと言うほど静かになる。


松浦王子のキスで目覚めた愛斗のなんと美しいことか。
もうお前高橋愛にしちゃえよ!なんかその名前しっくりくるよ!

「結婚して下さい」

大きな拍手。
観客はスタンディングオベーションだ。

たかだか高校の文化祭のクセに。
…でも始めたの俺。




157 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/06/09(月) 06:06:20.22 0

「ガキさぁん!」

メイクも衣装もそのまんまの愛斗と楽屋代わりの理科室でご対面
うわ、まじやべーなんだこの肌のきめ細やかさ…
あらぬ妄想を振り払い、
俺は愛斗とガキさんが和やかに会話できるように努める…はずだった。

「愛斗!!!」
急に声を荒げたガキさんを見て
怒りでおかしくなったのかと不安になってたらわんわん泣き出した。
途切れ途切れの言葉を繋ぐに、
どうやら何も言えないくらい感動したらしい。

「もう、もうもうなんでそんなにかっこいいのよ」
泣きじゃくるガキさんを抱きしめて、背中をとんとんしてる愛斗
これを読んでくださってるお前ら忘れんなよ。
愛斗、今姫の格好してっからな。なんか、良いよね…こういうのも。

一通り泣きじゃくったガキさんの耳に愛斗が声を注いだ
「…ん。なんか、ガキさんが応援してくれたから、頑張れた。ありがと」

はー!歯が浮くわ!!
それと愛斗、何お前貰い泣きしてんだみっともねぇ!
あれ、おっかしいな、俺の視界も歪んでるな…


158 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/06/09(月) 06:06:40.63 0

美貴に静かに肩をつつかれて部屋を後にする。
ここはあれだ、姫の格好する愛斗専用の控え室だったしな、幸い誰もいない

「おい、愛斗、なんかすんならちゃんと鍵かけろよ」

なんて言いながらお邪魔虫の退散を伝える。
美貴爆笑。おい、この部屋出るまでは我慢しろよ。


「し、しませんからぁぁ!!」
「せぇえんよ!」

かなり遅れて叫んだ二人の声ににやけながら、俺は外から鍵をかけ、
窓から内側にパスしておいた。

だってさ、あんなに幸せそうな二人に俺たち以外の邪魔が入るなんて癪だもんな。


ミキティにそう言うと

「たまにはいいことすんのね。」
なんてかわいげの無いことを言われた。
んんとにね。可愛い後輩を持つと苦労するよ。っははは…。はぁ…

スポンサーサイト

| その他 | 17:40 │Comment- | Trackback-│編集

| main |

説明

イケメン・タカスレの小説まとめです
てけとーです
職人さま方に感謝!

メールフォーム

name:
message:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。