[PR] 賃貸住宅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

(4) 423-424

423 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/05/28(水) 08:23:57.23 O
「なあガキさん」
「ん?」
「今日母さんと父さん結婚記念日でさ、2人で夜飯食いにいくらしいんやけど」
「へぇー、結婚記念日に2人で食事っていいじゃないの。素敵だねぇ」

愛斗のうちはおじさんとおばさんすごく仲がいい。何年経っても2人で結婚記念日祝えるってそういうのって憧れちゃう。
もし愛斗と結婚したら・・・なんてそんな妄想をついついしてしまってニヤケてしまった。
いかんいかん。

「でさ、ガキさんご飯作りにきてくれん?」
「はっ?なんでよ?」
「俺作れんし。ガキさんの料理食べたことないから食べてみたい」
「何言ってんの、無理だから」
「だって最近料理やっとるんやろ?」
「やってるっていってもママと一緒にだし。そうだ!うちで食べればいいじゃない。ママに頼んでおくからさ」
「いやや、俺ガキさんの料理が食べたいんやもん」
「そーんなこと言われたってさぁ」
「ダメ?」

子どもっぽい声で甘えるように聞きながら私の顔を覗き込む愛斗。昔っから私はこれに弱い。
愛斗はきっとそれをわかってやってる。でも断れなくなってしまうのだ。

424 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/05/28(水) 08:24:47.26 O
「ダメっていうかさぁ…」
「頼むよ。買い物とか俺付き合うし。料理も出来ることは手伝うからさ」
「うーん…わかったよ」
「マジで?やった!ありがとうガキさん。じゃあ帰りに買い物して帰ろう」
「…うん」

大丈夫かなー?なんて不安になりつつも、愛斗の嬉しそうな顔を見ると、まあいっかなんて思ってしまう。
本当に私は愛斗には弱いなぁ。

やるからにはちゃんと作らないと。おいしいって言ってもらいたいし。
何作ろうかな?愛斗の好きな物がいいよね?
授業中そんなことばかりを考えながら、少し楽しみにしている自分がいた。


続け
スポンサーサイト

| 愛斗×ガキさん | 11:12 │Comment- | Trackback-│編集

| main |

説明

イケメン・タカスレの小説まとめです
てけとーです
職人さま方に感謝!

メールフォーム

name:
message:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。