[PR] 賃貸住宅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

(6) 310-314

310 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/06/11(水) 12:27:50.65 0
 
 
いつだってさゆみの方が想ってるんですね。
朝起きてから夜寝るまで。…ううん、夢の中だって絶対に想ってる。
愛斗先輩のこと考えない時なんて、さゆみにはないの。


でもね。

きっと愛斗先輩は違う。


だからさゆみ、自分ばっかり好きみたいで少し悔しいの。
知られたくないなぁ…こんなに想ってること。
 
 

311 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/06/11(水) 12:28:20.70 0
 
愛斗先輩と並んで歩く帰り道。
なんだかそれだけで胸がドキドキしちゃうの。
いつも通ってる道じゃないみたい。
歩き方変じゃないかな。前髪とか大丈夫かな。
顔が赤くなってないかな。

「さゆ」
「はい?」
「…手、繋ごっか」

愛斗先輩の手が、さゆみに触れてしっかりと握られる。
ぎこちなく見えてないよね。ドキドキしてるの、バレてないよね。
…あぁでも、顔が緩むのは止められないかも。
やだなぁ。嬉しいのがバレちゃうじゃない。

「どーしたの?」
「え?」
「さっきから、ずっと下向いてる」
 

312 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/06/11(水) 12:28:50.95 0
 
そんな風に覗き込まないで。
さゆみの気持ちが全部伝わっちゃう。そんなの絶対ダメ。
内緒にしておきたいの。今はまだ。

「もうすぐテストなんで憂鬱なんです」
「そっかぁ。テストかー」
「すっごい範囲が広いんですよ」

まだ気付かれたくないんだもん。
もっとさゆみのこと好きになってくれなきゃ、言わないの。
愛斗先輩の気持ちが、さゆみより小さかったらダメなの。

「俺、教えようか?」
「愛斗先輩が?」
「うん。さゆよりは出来ると思うんだけどなー」
「ほんとですか?そんな風に見えなーい」
「ひっでー」

そしたら会える時間もっと増えるかな。
どうしよう、さゆみ勉強どころじゃなさそう。
緊張しちゃって何一つ覚えられないかも。
 

313 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/06/11(水) 12:29:25.82 0
 
「じゃ、明日から図書室で勉強だな」
「はい。お願いします」
「ん。赤点取らないように頑張んないとね」

そういって愛斗先輩は繋いでた手を離す。
いつもの別れ道。毎回思う寂しい気持ちに、慣れることなんてないの。
あぁもう。時間が止まればいいのに。
もっと一緒にいたいって、思わず言っちゃいそうになる。

「さゆ」
「…なんですか?」
「キス、してもいいかな」
「え…」

返事を待たずに、愛斗先輩の唇がさゆみに重なる。
だけどそれはすぐに離れて、そのまま緩く抱き締められた。
嬉しいはずなのに、なんか物足りない。

「もぉ。ズルイですよ愛斗先輩」
「え?な、なにが?」
「いきなりキスするんだもん…」
「ご、ごめん…」
「謝るだけじゃぁ、さゆみ許せないですね」
「…じゃどーしたら許してくれる?」
「もう一回キスしてくれたら、許します」
「…ん」

そういうと、再び愛斗先輩の顔が近づいてくる。
さゆみは目を閉じて先輩のそれが触れるのを待つ。
 

314 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/06/11(水) 12:29:42.70 0
 
ほんとにズルイのはさゆみの方なの。
なんで素直にして欲しいって言えないんだろう。
鏡のなかの自分には何でも言えるはずなのに。


好き。大好き。
ううん、愛してる。

さゆみの気持ちの方が、絶対に愛斗先輩より上なの。
悔しいけど、上なの。
だけど教えてあげない。だって悔しいんだもん。


―おしまい―

スポンサーサイト

| 愛斗×さゆ | 21:17 │Comment- | Trackback-│編集

(2) 917-920

917 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/05/15(木) 20:14:10.40 0
 
 
 
神様はイジワルだなぁって、さゆみ思うの。
もしかしたら神様なんていないんじゃないかって、そこまで思っちゃう。
だって…

 


「あ、さゆみんだ」
「ほんとだ。さゆー」

ほら。そんな風に簡単に名前なんて呼ばないで。
その度にさゆみの心がドキッとして、愛斗先輩しか見えなくなるのに。

「今日もラブラブですね、お二人さん」
「ちょっ、さゆみん!!」
「いいだろー」

なぁガキさん。とか何とか言っちゃって。
眩しいくらいの笑顔をガキさんに向けるんだもん、それさゆみにも見せて欲しいなって、
…まぁ言える訳ないんだけど。



918 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/05/15(木) 20:14:30.88 0
 
「さゆはここで何してたの?」
「ちょっと絵里が先生に呼ばれてるんで、待ってるんです」
「そっかぁ」

上手く笑えてるかな。笑えてるよね。
さゆみかわいいし、笑顔には自信あるもん。
愛斗先輩には全然通じてくれないけど。

「まぁたカメ遅刻したなぁ~」
「さすがガキさん、よく分かりましたね」
「えー。あの子って遅刻するんだ?」
「もうしょっちゅうですよ」

3人で仲良くお話。
そう、さゆみはただの仲の良い後輩。
それ以下でもそれ以上でもない。ちゃんと分かってる、大丈夫。
邪魔しちゃいけないの。2人は今とっても幸せで、
さゆみが入る隙間なんて、1ミリだってないんだから。


919 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/05/15(木) 20:14:55.19 0
 
 
あ、愛斗先輩の制服にゴミがついてる。


どうしよう。言ってもいいのかな。取ったりしたらダメかな。
ガキさんがそこにいるのに、触ったりしたらダメだよね。


「あ、愛斗ゴミついてるよ?」
「え、うそ。どこ?」
「ちょっと待って。今取るから…ん、取れた」
「ありがとー」

取っちゃった…。
あーあ、さゆみが取れば愛斗先輩に触れたのに。
所詮さゆみは理由が無かったら愛斗先輩に触ることすら出来ないなんて。
でもいいのそれで。さゆみは2人が大好きだから。
2人が付き合ってること、ほんとに祝福してるから。

「ちょっとカメの様子見てくる。2人はそこで待っててね」
「え、ガキさん?」
「すぐ戻ってくるから」

やっぱり神様はイジワルだ。
今更2人きりになれたって切ないだけじゃない。
もっと感情を隠さなくちゃいけないじゃない。
それってすごく胸が苦しくなるの。神様は知ってる?


920 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/05/15(木) 20:15:16.60 0
 
「さゆは絵里と仲良いんだね」
「…絵里の面倒は疲れますけどね」
「そんな事いうなよー」
「でもさゆみと絵里はラブラブですよ。愛斗先輩達に負けないくらい」
「ま、負けないよ?俺たちだって…たぶん」

もぅ。さゆみ相手に顔赤くしないで下さい。
ますます好きになっちゃう。責任なんて取れないくせに。
さゆみのことなんて、何とも想ってないくせに。
さゆみの気持ちなんて、…知らないくせに。

「じゃ、さゆみも絵里のとこに行きますね」
「え?俺一人でここにいんの?」
「ちゃんとガキさんはお返ししますよ。大事な彼女さんですから」

あーあ、もっと一緒にいればいいのに。バカだなさゆみ。こんなチャンス滅多にない。
自分から離れるなんて、どうかしてる。
でもこれでいいの。長くいたら言いたくなっちゃう。

好き、って。

ガキさんがいるの分かってて、壊したくなっちゃう。
愛斗先輩が困るの分かってて、言いたくなっちゃうから。


最低。こんなさゆみ、愛斗先輩が好きになるわけないじゃない。
顔はかわいいのに、性格はかわいくないなんて。
やっぱり神様はイジワルだ。


―おしまい―

| 愛斗×さゆ | 23:34 │Comment- | Trackback-│編集

(2) 464

464 名前:05001030660001_ag[] 投稿日:2008/05/11(日) 17:23:55.83 O
公園

「な~さゆみちゃんオレと付き合ってくれよ~」
「無理なの、あなたみたいな不良とは釣合わないの」
「そんな事言わずによ~」
「さゆみは白馬に乗った王子様が迎えに来てくれるの」

「あ~さっきから鏡ばかり見やがって!」
「調子に乗のるな鏡かせ!」
ガバッ
「キャー」
グィ
「イッテテテー、誰だ」
「女の子に手上げるなんて最低だな」
「お、お前は〇〇高校応援団長の愛斗」
「この場からさるか、それともオレと遊んでいくか~」
「クソ!覚えておけよー」
「フゥ~大丈夫?」
「・・・・・」
「キミ、可愛いんだからあんまり毒吐かないで可愛いくしてた方がいいよ、じゃあね」
「お、王子様・・・」

おわり

ゴメン、なんか古くさい感じになっちゃった

| 愛斗×さゆ | 01:48 │Comment- | Trackback-│編集

(2) 198-206

198 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/05/08(木) 00:24:44.94 0
ごめん、オレさゆ編書くわ

「ちょ、さゆ!来んで!オレそういうの絶対無理なんだって!」

「どうしてですか?愛斗先輩?」

「だからオレ、ガキさんと付き合ってるんだってば!!」

「もー。でもそんな真面目な愛斗先輩も好きですけどね」

「な…」

「あ、あれなに?!」

「え、どれ??」

ちゅっ

「ちょっと、さゆ!!」

「愛斗先輩の唇やわらかーい!
 愛斗先輩、私愛人枠でもいいんで考えといて下さいね」

「お、おい!!」

203 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/05/08(木) 00:44:06.15 0
じゃ調子に乗ってもういっかい

「愛斗せんぱーい、一回も二回も同じですってー」
「や、同じじゃないから、オレん中で。」

「そんな眉間に皺寄せたら、
 さゆみ以外の女の子まで寄ってきちゃうじゃないですか」
「や、オレガキさんのだから、もおっ!」

帰ろうとする愛斗

「愛斗先輩。良いんですか、こないだのこと、新垣先輩に言いますよ。」
「ええええええっ!」

慌てて振り返る愛斗

ちゅっ

「うおおおおお!!!」
「慌てる愛斗先輩もかわいい。
 だいじょぶです、さゆみちゃんと順番を守って愛人しますから。」

「そ、そういう問題じゃ…ないってばぁ…」


205 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/05/08(木) 01:06:28.51 0
さらにさらに調子にのってラス1許して

「愛斗、アンタ誰の彼女かわかってんの?」
「ガキさんです…」

「こないだ、渡り廊下。あれ、何してたの」
「1年の、さ、道重さんに…無理や…」

「あんたね、何したかわかってんの!?
 …ただでさえ…あんた…モテて…あたしは不安っで…ひぐっ…」
「ご、ごめんてガキさん!!」

「…して…」
「へ?」

「…あの子にしたのより、されたのより、激しいの、して…」
「ええええっ!?」

「…いや?」
「な、なわけないだろ!?…目つぶって、ガキさん…」

「んん……っ…」
    大人のちゅー



206 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/05/08(木) 01:07:23.81 0
「…不安にさせて、ごめん、オレが好きなのは、ガキさんだけだから…」
「…」
「ガキさん?」

愛斗の胸に持たれかかる里沙

「アンタ、なんでこんなに上手いのよ。」
「(えええええええええ!!どうしよう)…」

「誰かと、したことあるの?」
「してねーよ!オレ、んっとにガキさんしか、見えてねーから!」

「ちょ、愛斗…んぐ……っはぁ…」
    もう一度オトナなちゅー

「…里沙、不安にさせたこと謝るからさ、泣かんで?オレの側に里沙がおらんといやや。」
「愛斗…うん。私も愛斗の横、頼まれたって譲らないからね…」

| 愛斗×さゆ | 01:29 │Comment- | Trackback-│編集

| main |

説明

イケメン・タカスレの小説まとめです
てけとーです
職人さま方に感謝!

メールフォーム

name:
message:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。