[PR] 賃貸住宅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

(2) 448-449

448 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/05/11(日) 15:42:32.48 0
日曜の昼下がり。
TSUNKUYAの帰りに団地の下を通っていたら、

「すんませーん、取ってくださいませんか~?」
と、上から声が聞こえた。
目の前を見ると小さなタオル。上を見れば女の人が手を振ってる。

「5階ー408~」
明るい声で告げられ、なんでや、と思ったけど黙ってその部屋に向かった。

~~~~~~~~
「ありがとうな~」
【平家】と書かれた表札のドア前で物だけ渡して帰るつもりだったのに、
その女の人はオレを強引に部屋に招き入れた。
オレ早くこのCDインポートしてぇのに。
そう思ったけど、出てきたお菓子とか上手くてついつい長居してしまった。

へーけさんはなんか暑いらしくて、襟を掴んでパタパタパタパタしている。
クーラーつけりゃええのに。あ、温暖化対策かな。ええ人やな。


449 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/05/11(日) 15:43:00.23 0
「じゃあ、オレそろそろ帰りますね」
「えー愛斗くん、もう少しええやん。」
「やー。たかだかタオル拾ったくらいでこれ以上してもらったら悪いですし。」

へーけさんはオレの髪に手を差し込むと、耳元で囁いた
「旦那、今日帰ってこんのよ」

近くに女の人がきたからドキドキしたけど、言葉の意味がわからなかった。
「戸締り、しっかりしてくださいね!!」
オレがそう言うと、へーけさんはぽかーんとした後、大笑いし始めた。
「愛斗クンむっちゃ可愛いなぁ」
「え?ありがとうございます」

またきてな。絶対やで。そう言われ団地から出たらもう夕方だった。
あんなに食べ散らかして良かったのかな。
きっと旦那さんがいなくて不安なんだろうと思って、何かあったら電話して下さいってケータイ教えておいた。
なんだか、嬉しそうな顔してくれて、こっちまで嬉しくなった。


に、しても…あんなスケスケの三角タオル、何に使うんだろう?
スポンサーサイト

| 愛斗×平家 | 01:47 │Comment- | Trackback-│編集

| main |

説明

イケメン・タカスレの小説まとめです
てけとーです
職人さま方に感謝!

メールフォーム

name:
message:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。